義母
義母
早苗さん、ちょっと良いかしら
はい何でしょうか?

既読
15:26

義母
今から帰るから迎えに来てくれるかしら?
あぁ、すいません。それは無理ですね

既読
15:27

義母
はぁ?
義母
貴方の事情とかどうでも良いからすぐに迎えに来なさいよ
義母
まったく…これだから使えない嫁は…
なんと言われようと無理なものは無理なんです

既読
15:29

義母
どうしてよ!
だって私、家にいませんから

既読
15:30

義母
どこか出かけてるってこと?
義母
ならそこから迎えに来れば良いじゃない!
義母
本当に、嫁のくせに家のこともしないで遊びに出かけるなんて…!!
別に遊びに出かけてるわけじゃないんですけどね

既読
15:32

何にしても、迎えにはいけません

既読
15:33

義母
はぁ…もう良いわよ
義母
今日はお父さんに迎えに来てもらうわ!
あ、それも無理ですよ

既読
15:34

義母
どうしてよ
だって、お義父さんは私と一緒にいますから

既読
15:35

ちなみに裕司さんも無理ですよ

既読
15:36

義母
裕司ちゃんまで連れて行ってるの!?
義母
嫁の分際で、お義父さんと裕司ちゃんを連れ回すなんて…!!
義母
本当にろくでもない嫁ね!!
ろくでもない嫁ですいません

既読
15:38

義母
謝っても許さないわよ!!
義母
帰ったら説教よ!!
義母
覚悟しなさい!!!
あー、すいません

既読
15:40

義母
だから謝っても許さないって言ってるでしょ!!
いえ、私たちは今日家には帰らないので…

既読
15:41

義母
は?
義母
あ、まさか温泉旅行とかに行ってるんじゃないでしょうね!?
義母
そんなこと許さないわよ!?
義母
親である私を置いてそんな…!!
いえ、温泉旅行とかじゃないですよ

既読
15:43

というか、今日どころか明日も明後日も帰りませんから

既読
15:44

義母
…は?
義母
ちょっとそれどういうことよ!?
あ、お義母さんは家に帰ったらリビングの机に置いてある離婚届にちゃんと記入してくださいね

既読
15:45

義母
り、離婚届!?
義母
何で離婚届なんてあるのよ!?
お義母さん、浮気してますよね

既読
15:47

義母
浮気なんてしてないわよ!
へー、そうなんですかー

既読
15:48

でも今日だって浩史さんでしたっけ?

既読
15:48

あの人と腕組んで楽しそうに歩いてたみたいじゃないですか

既読
15:49

義母
な……
興信所に依頼していて今日も報告上がってきてます。

既読
15:50

浮気の証拠はばっちり集まってますから、お義母さんが何を言っても意味ないですよ

既読
15:50

義母
そんなの嘘よ!!
義母
でたらめ言わないでちょうだい!!
お義母さんがでたらめだって言っても本当に証拠がありますし…

既読
15:52

まぁ、その証拠のコピーも置いてありますから諦めてください

既読
15:52

義母
そんなの信じられないわ!!
義母
本当に、性質の悪い冗談を言って…!!
義母
帰ったらお義父さんに行って叱ってもらいますからね!!
だから私たちは帰らないって言ってるじゃないですか

既読
15:54

だいたい、私たちは今県外の新居にいるんですよ

既読
15:55

義母
県外の、新居…?
義母
どういうことよそれ
実は前々からお義父さんはお義母さんと別れるつもりだったんですよ

既読
15:56

それと裕司さんが県外に転勤することになっていたので

既読
15:57

そのタイミングで離婚して私たちとそのまま同居しようってことになったんです

既読
15:57

ですから私と裕司さんとお義父さんの三人で今は新居に引っ越したばかりなんです

既読
15:58

義母
ちょっと待ちなさいよ!
義母
お父さんがそんなことするわけないじゃない!
義母
それに裕司ちゃんもよ!
義母
母親である私を置いて、そんなこと…!
なら電話してみたらどうですか?

既読
16:00

まぁ、繋がらないと思いますけど

既読
16:01

義母
……
義母
ちょっと、どうしてよ…
義母
どうして繋がらないのよぉ!
お義母さんが浮気してるって知って、お義父さんはすごく怒ってました

既読
16:03

裕司さんは本当にショックを受けていて、顔も見たくないそうです

既読
16:03

一応、財産分与とか慰謝料に関しては弁護士を通して決めるとのことでしたから

既読
16:04

私たちはもう顔を合わせることもありませんね

既読
16:04

義母
待って
義母
嘘よ
義母
早苗さん、お願い
義母
お義父さんと裕司ちゃんと、話をさせて!
無理ですよ

既読
16:07

二人とも顔も見たくないし声も聞きたくないって言ってましたから

既読
16:07

義母
そんな…
あ、そうそう。部屋は近々解約するので出て行ってくださいね

既読
16:08

義母
待って!
義母
そんなことしたら住む場所がなくなっちゃうじゃない!!
お義母さんには浩史さんがいるじゃないですか

既読
16:10

だからきっと大丈夫ですよ

既読
16:10

義母
浩史さんのところに行けるわけないじゃない!
義母
あの人にだって家庭があるんだから…
あぁ、浩史さんの家にも今頃内容証明が届いてるはずですから、行けるわけありませんよね

既読
16:12

義母
なんてことをしてくれたのよ!?
義母
浩史さんにまで迷惑かけるようなことはやめて!!
私たちはお義母さんと浩史さんのせいでとっても迷惑してるんですよ

既読
16:13

被害者面しないでくれます?

既読
16:14

まぁ、もうお会いすることもありませんからどうでも良いですけど

既読
16:14

義母
ちょっと
義母
そんなこと言わないでよ!
義母
それにそんなことしたら大変なことになるじゃない!!
義母
ねぇ、早苗さん?
義母
ねぇってば
義母
無視しないでよ!!
義母
このままじゃ私も浩史さんも人生めちゃくちゃになるじゃない!!
義母
早苗さん!
義母
無視しないでよぉ!!
義母
返事くらいしなさいよぉぉ!!!