お母さん、今大丈夫?

既読
15:26

大丈夫だけどどうしたの?
ちょっと相談があって……

既読
15:27

相談ってなに?
ミキのことよ

既読
15:28

どうも、幼稚園に意地悪なマミちゃんっていう女の子がいるみたいで

既読
15:28

意地悪?
どんな感じなの?
なんか、やたら自慢したがりっていうか

既読
15:30

実際できる子みたいなんだけど、友達を下に見るのよ

既読
15:30

特にウチのミキがターゲットになっているみたいで

既読
15:31

具体的には?
例えばそうねぇ

既読
15:32

「ミキちゃんはまだひらがな書けないの? マミは漢字も覚えたのに」

既読
15:32

とか

既読
15:33

「マミは跳び箱5段飛べるのに、ミキちゃんはまだ3段飛べないの?」

既読
15:33

とか

既読
15:34

確かに、幼稚園児としてはちょっと強烈ね
マミちゃんママもそうなのよ

既読
15:35

ママ友にやたら上から目線で

既読
15:35

子供は親を見て育つってヤツね。
この間もマミちゃんママに言われたわ

既読
15:36

「この指輪300万円もしたの。あっあなたのはイミテーションなのね」

既読
15:37

「ウチの子は優秀で困るわ。もう二桁の足し算ができるもの」

既読
15:37

それも、すごく自慢げに

既読
15:38

なるほど
お母さん、どう思う?

既読
15:39

確かにちょっと問題のある親子っぽいけど…
最近ではミキも卑屈になっちゃって

既読
15:40

そっかぁ…ミキちゃんにも悪影響が出ているのね
私も悔しくて悔しくて

既読
15:41

ミキにも発破かけているのよ

既読
15:41

具体的にミキちゃんになんて言っているの
「マミちゃんに負けないようにしなさい」とか

既読
15:42

「もっとお勉強してマミちゃんを見返してやりなさい」とかね

既読
15:43

あなた…本当にそんなことを幼稚園の娘に言っているの?
ええ

既読
15:44

ミキにはもっと自信を持って生きて欲しいし

既読
15:44

そうね…そう…
1つ、言ってもいいかしら?
うん

既読
15:46

私も子育てを間違えたかもしれない
え?

既読
15:47

どういうこと?

既読
15:47

あなたの育て方を間違えたかもしれないってこと
なんでそんなことを言うの?

既読
15:48

親の顔を見て子供は育つ
マミちゃんがマミちゃんのお母さんを見て育つように
うん

既読
15:50

あなたも私を見て育ったんだもんね
なによそれ?

既読
15:51

まるで私が悪いみたいじゃない!

既読
15:51

確かにマミちゃん親子は問題があると思う。
でも、それは他人の家の話よ
だけど、現に最近ミキは元気がないのよ

既読
15:53

それはあなたのせいでしょう?
え?どういう意味?

既読
15:54

あなたがミキちゃんを追いつめていると私は思うわ
そんなことないわよ!

既読
15:55

私はミキにマミちゃんに負けて欲しくないって思ってるだけ

既読
15:55

それが間違っているのよ
幼稚園児なんて差があって当然
今の段階でミキちゃんがマミちゃんに負けていても問題ない
でも、私、悔しくて

既読
15:57

だから、それは貴女の感情の問題
自分がマミちゃんママに言われた悔しさをミキちゃんに押しつけているだけ
あっ

既読
15:59

ミキちゃんのためにあなたが母親としてやるべきは、
発破をかけることじゃないと思う
じゃあ、どうしろっていうのよ?

既読
16:00

まず、ミキちゃんを優しく抱きしめてそれから
「マミちゃんに勝てなくてもいい」
「勉強なんてできなくてもいい」
「跳び箱が跳べなくてもいい」
「ミキがいるだけで私は幸せだから」
って伝えてあげなさい
お母さんの言う通りかもしれない

既読
16:04

私、ミキをマミちゃんママに対抗するために利用していたのかも

既読
16:04

なーんてね
私も昔あなたに、今のあなたと同じ事をしたわ
そうだっけ?

既読
16:06

中学受験に失敗したあなたに、
「隣の雪ちゃんは受かったのに情けない」
って散々言ったもの
そんなこともあったわね

既読
16:08

本当はあの時、私は親として抱きしめてあげるべきだったのよ
「中学受験の失敗なんていくらでも取り返せるから」って
お母さん、ありがとう

既読
16:09

私、ミキを抱きしめてちゃんと話すわ

既読
16:10

私にとって、ミキがどれだけ大切か

既読
16:10

そうしてあげて
じゃあね

既読
16:11

うん、ミキちゃんを連れて遊びに来るのを楽しみにしているわよ